キツツキ の 郵便受け

 

今回は、
「犬のゴロー」
と
「カタツムリ兄弟」
からの
お便りです。

みなさんは、「きつねうどん」を食べたことが

おありでしょうか。

わたしは、お恥ずかしながらずっと、

あれにはキツネが入っていると思い込んでおりました。

ところが、きつねうどんは、お揚げが入っているのですね。

そうと知ってからは、

息子と一緒に、お箸を使えるように猛特訓して

先日雪の夜、とうとう、きりかぶ食堂へ行って参りました。

そこで食べたきつねうどんのおいしいことといったら!

なんとまぁ、なんとまぁ!

ちょっと、ベロを火傷しましたけれど、

息子と大喜びで食べました。

きつねうどんっていいですねぇ。

本当に、すばらしい発明でございますねぇ。


                 キツネの母 より

hyoutanlamp.com 

僕らは南の島の山に住む、ルアックです。

ジャコウネコとも呼ばれます。僕らが近くにいると、甘い匂いがするんだって。

でも自分ではよくわかりません。


兄さんと弟と、ラックラック屋をやっているんです。

僕が、砂糖ヤシの木から樹液をとって、兄さんが米粉でつくった生地を焼きます。日本のたこ焼きを作るときみたいな型で焼きます。

弟は、カマドの薪係です。

焼き上がったラックラックに、ヤシの赤砂糖のシロップをたっぷりかけて

出来上がり。

この赤砂糖が大事なんです。香ばしくって、どんな味かというと

メープル楓のシロップと、日本の黒砂糖を混ぜたような風味です。

バナナの葉っぱに包んで、お持ち帰りもできますよ。


時々ケンカもするけれど、やっぱりラックラックつくるの好きだもんな。

今日も3兄弟で、ラックラック屋をやってます。


                         ルアック3兄弟 より

hyoutanlamp.com 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、「コゲラの毛玉取り屋」は、おおいそがしなんです。

風がぬくくなると、衣替えのきせつです。

わたしたちコゲラは、毛糸のセーターを洗って干してあるのを預かってきて

きれいさっぱり毛玉を取ってさしあげるんです。

決して穴なんかこしらえたりしませんよ。

コゲラのつつきは、素早く、きれいに、繊細に、

これは、うちの親父の口ぐせです。


今は、のぶおくんのセーターをやっています。

のぶおくんのおばあちゃんが編んでくれた

すばらしい模様編みのセーターですよ。


取った後のフワフワの毛玉は、ドングリのぼうしに盛りつけて

ショールームに飾ります。

すると、シジュウカラやメジロの家族がよろこんで

座布団用に持っていくんです。


さぁ、それではそろそろ仕事にもどります。


みなさん、どうぞお元気で。

hyoutanlamp.com 

hyoutanlamp.com 

この山には、まいとし最初の春風が吹いた日に、

「春のブラッシング屋」がきてくれるんだよ。

どこから来るのか、ボクも、みんなもしらないけれど、

その日だけは、どんな動物でもケンカせず、

スミレの土手に腰をおろしてブラッシングしてもらうんだ。

ブラッシング屋は、びっくりするくらい色んなブラシを持ってるよ。

かためのタワシみたいなやつ。羽のようにやわらかいフワフワのやつ。

ボクの長い耳用には、タンポポの綿毛でつくった特別なブラシで

そよ風のようにブラッシングしてくれるんだよ。

ブラッシングが終わった後は、

ポカポカ背中をあっためながら、みんなウトウト。

この日だけは、すっかり安心できる、そんな日なんだ。

それから、日が傾いて山の向こうに消えるまえに、

みんな違う方角へ、そぅっと帰っていくんだよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

hyoutanlamp.com 

hyoutanlamp.com 

こいぬのころから、オレは、ブゥウウとあの音がきこえると

うれしくて、うれしくてたまりません。

オレのしっぽも一緒になってよろこぶよ。

あの音は、いちばんしあわせな音です。

あの音がするとあの人が来る。

そして、家のまえの箱に何かいれてくれる。

そのときの「ポサッ」という音もだいすきだ。

それから、それから!

あの人がこっちに来てかならずオレのデコっぱちを

なでてくれるんです。

「よーし、よしっ」て言ってくれるんです。

そのあと、乗り物にキックしてガッチャンといわせて

ブウゥと行ってしまいます。

オレ、あの人待ってるのだいすきです。


                        犬のゴロー より

「山の向こうなんか100年かかっても行けやしないんだよ。」

ぼくんちのばあちゃんは言ったけど、

ぼくと弟はどんなにしても、あきらめきれなくて

毎日ツバメ夫婦のところへ行きました。

さいしょは、キキッと追っ払われたり、つつかれたりしたけど、

なんべんもお願いして、とうとう小雨の朝にむかえに来てくれました。

まえから、あじさいの葉っぱを用意しておくように言われていたので

そのとおりにして待っていました。

ツバメ夫婦は、それをイグサのひもでしっかりくくりつけて

ぼくたちが乗りやすいようにしてくれたのです。

ぺたっとしっかりくっついて、ぼくと弟はあっという間に空の上にいました。

フワフワの雨の粒が、銀の粉になってとっても気持ちよかった。

晴れた日だと、ぼくたちがカラカラにひからびないように

小雨の日にしてくれたんです。

そして、ついにぼくら兄弟は、山をこえてはじめて海というのを見ました。

ツバメさんの首のうしろの羽毛は、

とってもやわらかかったです。


                          カタツムリ兄弟 より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー